ホタルイカ漁 3週目 2・3

ホタルイカ捕獲 3週目 2

新月後なのでやはり滑川の海岸は深夜早朝から人がたくさんいました。

さて本日も無難に出航。しかし寒い。ちょ~寒い。

ヒートテック2枚重ね+トレーナー+モンベルダウン+カッパという

重ね着も効果なし・・・。今シーズン一番寒い・・・。

沖でブルブル震えてましたが、ホタルイカは無事捕獲!

定置網の周りにもホタルイカが数匹泳いでいましたので

ホタルイカが湧いている雰囲気ありましたね。

沖から帰る途中に海岸沿いを見ると、20個くらいの

懐中電灯の明かりが見えました。

ちょうどミュージアム裏から常盤町のあたりですね。

沖ではホタルイカが水面を泳ぐ姿を見ましたので、

海岸沿いにもホタルイカいたのではないでしょうか。

 

昨日に続きマイカの子供が混ざっています。

大きさはほとんどホタルイカと変わらないのですが、

よく見ると目の大きさ、腕の長さ、胴体の長さ、

胴体の太さなど結構違います。

比較するにはちょうどいいので展示しました。

また、ミミイカさんも混ざっていましたので、

こちらも一緒に展示中。

ホタルイカ・マイカ・ミミイカのイカ3兄弟同居中です。

 

ホタルイカ捕獲 3週目 3

ベタ凪状態。船はまったく揺れること無し。

定置網の周りには大量のホタルイカが泳いでいました。

昨日と違いカモメの姿が無い。

こんな日にくれば腹いっぱい食べれるのに・・・。

定置網の中も赤々としたホタルイカが表層をスイスイ泳いでいましたので

本日も状態の良いホタルイカのみ確保できました。

今シーズンは順調です!

 

昨日の日中に館内展示ホールの水槽内でホタルイカが産卵し始めました。

一生懸命黙々と産卵している姿にちょっと感動。

しかし、水温が低いのになぜ産卵したのでしょうかね?

 

スポンサーサイト

ホタルイカ捕獲 3週目 1

ホタルイカ捕獲 3週目 1

春休みに入り平日でも館内は賑わっています。

県外の観光客の方が多いみたいですね。

さて、本日のホタルイカ漁は波風少しありましたが無事出航!

沖ではカモメがニャオニャオニャオニャオ鳴いて

とにかくうるさい。定置網の中のホタルイカを狙って

どこからともなくカモメがわいて来る。

ま、こんな日はホタルイカが捕れているという事なので

こちらとしてはウェルカムなのですが、

漁師さんにとっては邪魔くさい存在でしょうね。

昨日の雨の影響からか、上水が少し濁っていまして

ホタルイカはあまり浮いていませんでしたが、

海中のホタルイカの状態はGOOD!!

本日も最高レベルのホタルイカを確保できました。

マイカの稚魚が混ざってきましたね。

そろそろマイカも捕れ始めるのでしょうか・・。

それにしても去年の今頃はイワシに悩まされましたが

今年は1匹も見ていない。おかげで仕事がやりやすいですよ。

 

さて、先日に引き続き本日もシロエビが混ざってました。

しかも20匹以上いました。

20年捕獲作業やっていますが、これほどたくさんのシロエビが

3月に混ざってくることは記憶にないかも

滑川でもシロエビ捕れればいいのにね。

ホタルイカ捕獲 2週目 3 生中継!

「めざましテレビ生中継」、無事終わりました。

ホタルイカの魅力は伝わりましたでしょうか(・。・?)

私、内容変更でガッツリ出演してしまいました(汗

 

実は、今日もホタルイカ捕獲できませんでした。

昨夜から天候が気になってなかなか寝られず、1時30分には出社。

波も風もあったので、念のために2時には漁港に到着してました。

だんだんと雨も強くなり、完全にアウトの状態・・。

早めに来た船頭さんからは「ダメだろう」の一言。

自分もダメだと理解していたんですが、生中継があるので

少しでも生きのいいホタルイカを、との思いで

「3時の漁船出航まで待っていただけませんか」と懇願・・。

ということで、しばらく様子を見ていました。

少し回復してきたのですが、やはり沖合の風は簡単には止まず

残念ながら出航は出来ませんでした。

肝心な時に2連ちゃんで欠航。

いや~、あいかわらず持っていない男ですよ、私は┐('`)┌

 

仕方なく2日前のホタルイカを使用。

残念ながら自分の描いていたイメージとは違う展開になりましたが

ホタルイカの状態がよかったのが幸いでした。

また、当初は裏方の補助だけだったんですが、

いきなり来たリポーターだけがバックヤードで作業するのは

どう考えてもおかしいだろう、ということで急遽台本変更。

なんだかガッツリ出演することになりまして・・・。

お恥ずかしい限りです。

 

そして、「●にしやがれ」の放送時に、いろんな方から

「汚すぎやろ~笑」とご指摘があったバックヤードは

スタッフの方々の協力で、今回は綺麗に整理整頓できました(^□^)゛゛

ありがたい(普段からヤレっつーことですよね)

 

あ~、本当に自然相手は怖いっす。

 

藤井アナウンサーも南條アナウンサーも大変良い方でした。

また、スタッフの方々もホタルイカやバックヤードについて

最新の注意を払っていただき、気遣いも素晴らしい方たちでした。

準備、リハ、本番、撤去まで流れるような作業で

まさに「プロ集団」でしたね。さすがです。

 

今回は本当にありがとうございましたm(._.)m

 

 

ホタルイカ捕獲 2週目 2

ホタルイカ捕獲 3月22日

深夜、ミュージアム裏の海岸は、バッサバッサと大きな波音。

とりあえず出航。しかし・・・直進出来ないほどの波 (-д*)!!

やむなく引き返してきました。

 

残念ですが、仕方ありません・・・。

昨日のホタルイカが状態良いので幸いです。

 

おっと、明日はめざましテレビの生中継ですよ。

何としても活きのよいホタルイカを確保して、

全国の皆さんに滑川のホタルイカを紹介したいですね。

本日の最終打ち合わせで、進行が変わり、

急遽出演することになってしまいました。

沖に出てホタルイカ捕獲して、バックヤードで作業して

生中継に参加・・・。

朝からハードなスケジュール (;´Д`)

 

ん~明日は無事出航できますように!!神頼みデス!!

(゚ロ゚)
↓┌(_ _)┐↓

ホタルイカ捕獲 2週目

ホタルイカ捕獲 3月21日 

いつもより30分早い2時30分くらいに漁船が出航。

この時間は波風ほとんどありませんでした。

いつもお世話になっている網は「沖筒高」という名前の網。

上市川河口の沖くらいにあたります。

ここ数日はホタルイカ以外の魚はほとんど入っておらず

まさにホタルイカ網!といった状況でしたが、

本日も見事にホタルイカだけが入っていました。

しかも赤々として最高のホタルイカを確保できました。

 

ここでちょっとだけホタルイカ捕獲作業を紹介します。

チャーター船上にコンテナを並べ、そこにザルを入れます。

定置網に着くと、コンテナに海水を満たします。

漁師さんの網おこしを待って、網が小さくなったら

漁船の小舟とドッキングし、小舟に乗り移り、

ホタルイカをすくいあげ、ザルにいれます。

この作業を繰り返し、ホタルイカを捕獲します。

 

捕獲したホタルイカは思いっきり墨を吐き出しますので

ザルの中は墨で真っ黒になります。

このままではホタルイカは死んでしまうので、

ポンプアップされた海水をザルに流し込み、

オーバーブローして墨を流しだして綺麗にします。

ザルの中がある程度綺麗になったら漁港に戻り、

トラックに積み込んでミュージアムに戻り

バックヤードの水槽に入れます。

約1時間から1時間30分くらいの作業です。

 

今日はホタルイカだけ入っていましたが

イワシなどの外道がいると取り除かなくてはなりませんし、

波風があると立っているのもきついので作業もしんどくなります。

ホタルイカが入っていない時もありますので、

2か月半は綱渡り状態でドキドキしながらの捕獲作業となります。

 

この作業は後日HPで詳しく紹介したいと思います。

 

さて、今日は日中から波が高くなり明朝2mの波予報。

かなり厳しいですね。

明日は出れるのでしょうか ;Д))

プロフィール

ホタル烏賊

Author:ホタル烏賊
子どものころに野球やったり海水浴して遊んでいた場所が、今では観光施設ほたるいかミュージアムに…。
遊び場が仕事場に変わりましたが、昔のように楽しくたくさんの人が集うような遊び場を復活させたいと頑張っています(*^-゚)v

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR