スカイツリー行ってきました

久しぶりの更新です。
なんだかんだで忙しく・・・(;´Д`)

この間は大阪に営業に行ってきましたが、今度は東京と新潟に行ってきました。
東京はさすがに企画造成担当者に会うので、殆どアポとってから行きますが、
新潟は車で回りますので、逆に殆どが飛び込みセールスです。

さて、東京出張ですが、ラッキーな事にスカイツリーに昇ることができました。
はとバスさんに行ったときに、「偶然にも当日の夜のディナー付きコースに空きが出たのでどうですか?」
とのこと。
お付き合いもあるし、せっかくのお誘いなので話に乗りました。
すぐに訪問先でお金を支払い、夕方浜松町へ。
某県内観光協会担当者と東京で待ち合わせして訪問していたので、サラリーマン2人で「はとバスツアー」へ。

夕刻出発のコースですが、さすがにサラリーマンは2人だけ・・。ちょっと居づらい雰囲気・・・。
客層はご夫婦20%、家族20%、女性グループ60%といった感じ。

浜松町を出発し、まずは隅田川くだりへ。
約30分くらいの川下りですが、日中営業で歩き回っているので、
船の揺れが逆に心地よい睡魔を誘い、せっかくの橋巡りもまったく記憶になく、
たっぷり睡眠とらせていただきました(θ_θ)。o O

隅田川下りで橋も見物せずに眠ってやったゼェ~、って感じでしょうか・・・。

24-7-4-2.jpg
桟橋から撮影。到着アナウンスでスカイツリーの存在に気づきました・・・。

浅草に到着後、今度は錦糸町の某ホテルでブッフェ。店内にはお一人様2,625円と書いてありました。
内容的には、料金に充分見合うよな内容で、リッチ感やお得感もあり、満足でした。
やはり、ツアーの食事は大事ですね。身にしみます。
利用者の立場に立つと見えてくるものもたくさんあり、
接客や料理の出し方、種類、陳列など勉強になりました(‐ω‐)


おなかもいっぱいになり、いよいよスカイツリーへ。
はとバスはツリー真下のパーキングにバスが入れるので、全く歩かないし、ストレスもなし!
また、団体専用のエレベータに誘導されるので、こちらも全く待ち時間なし!
逆に動く壁画をもっとゆっくりと観たかったです。
動く壁画すごいです!これだけでももう一回見たい!

EVに乗ると、あっという間に350m地点へ到着。
EV内のメートル表示が高速回転するので、とってもおもしろい。
めっちゃ早いスピードですよ。

そして興奮の展望デッキ。夜でしたが、家族連れや修学旅行、カップル、家族など、
様々な方々が、いろんな角度で写真撮っていました。

ツアーは350m展望デッキのここまでですが、直接ここからホテルに帰るので、
ガイドさんにお別れをしてフリーになり、450mまで別料金支払って昇りました。

450mに行くEVはさらにすごく、昇っている最中に外の景色や引っ張られていく上部が見えます!
ディズニーシーのタワーオブテラーみたいっす。興奮しますよ└|゚0゚|┐

350mと見える景色は全然違います。100mしか違いませんが、まさに絶景っす(;゚〆゚)σ!!!
絶対450mまで行くべきですね。
24-7-4.jpg

記念に450mデッキのトイレでおしっこをし、窓から見える景色の写真を撮って下りました。
下りのEVは込んでいましたね。ちょっと待ちました。

本当はソラマチもゆっくり見たい気分でしたが、時間もあまりなかったので見れませんでした。

営業訪問はいろいろストレスも溜まりますが、今回はラッキーでした。
ちょっと観光気分も味わえたし、ツアー客目線でいろいろと勉強できたし・・・。

おっと、何しに行ってるんだ!って・・・。仕事はちゃんとやってますよ。
即決でツアー夕食250人分発注いただきましたし・・・
秋冬のツアーでいいお話しもできましたしね。もうちょっとプッシュ必要ですが。


新潟営業は、アポなし飛び込みセールスなので、ただただ疲れました・・・









スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【スカイツリー行ってきました】

久しぶりの更新です。なんだかんだで忙しく・・・(;´Д`)この間は大阪に営業に行ってきましたが、今度は東京と新潟に行ってきました。東京はさすがに企画造成担当者に会うので、殆ど

コメント

非公開コメント

プロフィール

ホタル烏賊

Author:ホタル烏賊
子どものころに野球やったり海水浴して遊んでいた場所が、今では観光施設ほたるいかミュージアムに…。
遊び場が仕事場に変わりましたが、昔のように楽しくたくさんの人が集うような遊び場を復活させたいと頑張っています(*^-゚)v

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR